2013年11月11日月曜日

キツツキと雨

絶賛注視中、沖田修一監督の「キツツキと雨」。
ボクの大好きなチャップリンやウディ・アレン、パトリス・ルコントに通ずる命題、「人生は喜劇だ!」って感じがたまらなく良い。
彼の映画を一言でいうなら口下手な落語、そんな感覚。
人情風情、その本質は今昔変わらない。だからこそ如何に笑いとばせるか、普遍的にそこがキモなんだね。