2013年8月14日水曜日

風立ちぬ

「風立ちぬ」観てきた。
一瞬潤っときたりもしたが、 それは多分に音楽の力かな。総体的な感想としては宮崎さんちょっと色々詰め込みすぎじゃーねぇですか?
元々二つの実話をミックスしたものとして、それはそれで手法としてありでしょう。でも結局のところ主題は何だったのか。震災、命、恋愛、日本人のもの作りへの魂。それぞれが舌足らずでね。本当に心を動かすまで語り尽くせていない。 作者本人の意思かは知りませんが、今言いたいこと全部言いたい!っみたいな焦りがジリジリと伝わってきて、、、。
この焦燥感はもしかして身体的に監督の最終章なんじゃないかって、なんだか宮崎ファンとしては悲しい気持ちになりました。
それから声優がね。主役の庵野秀明はさすがにミスキャストかと、、、。
熟れてない素朴さというのはこれまでの成功例、枚挙にいとまがありません。「耳をすませば」の立花隆 、「となりのトトロ」の糸井重里。でも今回はキャラクターの若々しさとはギャップが激しすぎて、ついていけなかった。この違和感も作品に入り込めなかった大きな要因です。いくらプロモーションとはいえ、有名人によるプロバガンダがそれほど必要だろうか。
以前、雑誌でアニメのクリエーターを取材してまわった。その時一番に感じたのは現場の熱気とひたむきさ。だからこそ一筋にガンバッっている声優陣にもっと門戸を広げてほしい。「もののけ姫」の石田ゆり子みたいなことになっては、寝る間もないアニメーターの方々は無念でならないのではないか。